1985生まれメンズ、投資やお金に関するログ。

ToSTNeT取引

ToSTNeT取引:簡単に言うと

ToSTNeT取引(立会外取引)は、証券取引所で行われる取引の一つで、通常の立会内取引とは別に行われる株式等の売買取引のことをいいます。

 

ToSTNeT取引:詳細

ToSTNeT市場は、オークション時間外の立会外取引として、1998年6月29日から単一銘柄取引(1999年9月30日までは大口取引)・バスケット取引(ToSTNeT-1)を、同年8月7日から終値取引(ToSTNeT-2)を開始して以来、売買立会(オークション方式による売買)における円滑な執行が困難である大口取引やバスケット取引等に対応するための取引として利用されてまいりました。

しかし、近年、取引が高度化・多様化するにつれ、より柔軟な利用のニーズが高まっていました。そこで、2008年1月15日から、取引時間を拡大し、ToSTNeT市場としてオークション方式による市場(立会市場)から独立した市場とするとともに、新たな取引制度として自己株式立会外買付取引を導入し、さらに取引対象商品の拡充など取引制度の改正を行いました。また、その後も、更なる取引時間の拡大や呼値の範囲の見直し等の取引制度の改正を行い、利便性の向上を図っております。

引用

 

ToSTNeT取引:最近のニュース

日本経済新聞:株、連日で同じ時間帯に入る160億円の注文 買ったのは誰だ

東京株式市場で6月中旬以降、連日のようにほぼ決まった時間帯に1回あたり160億円規模の取引がみられている。

12日から23日までほぼ連日、15時すぎになるとみられる売買は、東京証券取引所の立会外取引(ToSTNeT)でのバスケット取引と呼ばれる相対取引で、東証1部のほぼ全銘柄を売り買いする東証株価指数(TOPIX)型のもの。

かんぽ生命やゆうちょ銀行の可能性もあるが、「まだ日本株の組み入れ比率が十分に高くない年金が買っている」(ある大手運用会社の売買担当者)との推測があった。

投稿日:

執筆者:

プロフィール


1985生まれメンズの投資やお金に関するログ。
・投資歴2016~
・投資信託
・仮想通貨・暗号通貨

プロフィール詳細はこちら

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログへ
最近の投稿
アーカイブ
2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031