1985生まれメンズ、投資やお金に関するログ。

ESG投資

ESG投資:簡単に言うと

環境、社会、企業統治に配慮している企業を重視・選別して行う投資。

 

ESG投資:詳細

環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資。

環境では二酸化炭素の排出量削減や化学物質の管理、社会では人権問題への対応や地域社会での貢献活動、企業統治ではコンプライアンスのあり方、社外取締役の独立性、情報開示などを重視する。

国際連合が2006年、投資家がとるべき行動として責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)を打ち出し、ESGの観点から投資するよう提唱したため、欧米の機関投資家を中心に企業の投資価値を測る新しい評価項目として関心を集めるようになった。従来の社会的責任投資(SRI)が環境保護などに優れた企業を投資家が応援しようという発想だったのに対し、ESG投資は環境、社会、企業統治を重視することが結局は企業の持続的成長や中長期的収益につながり、財務諸表などからはみえにくいリスクを排除できるとの発想がある。

引用

 

ESG投資:関連ニュース

GPIFがESG投資を開始―これも機関投資家に課せられた社会的責任か

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がこのほど、日本株のパッシブ運用部分で環境や社会、企業統治などの非財務的要素を考慮した「ESG投資」を開始したと発表しました。
3つの指数を採用し、約1兆円を振り分けるそうです。ESG投資に関しては様々な意見があるのですが、年金基金などがこれを採用するのは世界的な流れでもあります。これも機関投資家に課せられた社会的責務ということでしょうか。

投稿日:

執筆者:

プロフィール


1985生まれメンズの投資やお金に関するログ。
・投資歴2016~
・投資信託
・仮想通貨・暗号通貨

プロフィール詳細はこちら

follow us in feedly

にほんブログ村 株ブログへ
最近の投稿
アーカイブ
2019年3月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031